議員の役割と責任を我なりに考える。(ちょっと長め)

(ameblo)普通のブログ記事

長い記事は読みづらいだろうから、
記事分けました。

最近よく問題を起こす衆議院議員とは何か?

日本は衆議院と参議院があります。
これは小学校で習うので日本国民なら全員知ってるはずです。

衆議院は任期が4年で参議院は6年です。
解散は衆議院だけにあり参議院にはありません。
それは両院が解散すると有事の時に何も決まらないから。

そもそも議員は、国会であれ県議会であれ市議会であれ、
国民(市民・県民)が選挙で選ぶのだから、
その意見を反映させる努力をする義務を負っています。
そして、
その発言には大きな責任があるということを
心得なければならないと思います。

だから、
国のあり方に関する法律や憲法は、
審議する前に、国民の理解が不可欠だと思います。

ここでの理解とは・国会議員だけが理解したんじゃダメ、

小学生も中学生も高校生も大学生もお年寄りも、
みんなが理解して、”それでいい”と思えて初めて変えれるんです。

「形だけの説明」
「見かけだけの解説」

これで国民に説明し理解されたとする考えは、
根本的に狂ってるとしか思えません

でも、今の状態を見てくださいw

若い人もお年寄りも、戦争法案として反対してます。
納得どころか反対しているのにも関わらず、審議しています。

国民の理解を一切経ずに国の根幹に関わる法律を作る=
国民をないがしろにする行為なのではないでしょうか?

こんな状態だから、総理大臣の名前も知らないような
政治に無関心な(政治に関わりたくない)国民が増えるんですよ。

もう少し国民感情を学習したらどうなんでしょうかね?

Posted by まゆにゃあ