まゆにゃあのiPhone解説(バックアップについて)

iPhone解説

iPhoneのデータをバックアップする方法

iPhoneのデータをバックアップする方法は、
「iPhone単体でバックアップする方法」と「パソコンを使ってバックアップする方法」
があります。

iCloudバックアップについて

iPhone単体でバックアップを行う場合には、
設定のiCloudから「iCloudバックアップ」をオンにすれば、
iCloudサーバーへデータをバックアップできます。

*iCloudバックアップは、
電源に接続されていて、Wi-Fiにつながっているる状態で、
画面がロックされている(スリープ)状態のとき自動で重要なデータのみ
バックアップが取られます。

これに対して、

iTunesバックアップについて


★IPhoneのバックアップを暗号化は任意です。暗号化なしでもバックアップできます。
上記のように設定すると、
iPhone内に存在するデータを全てバックアップできます。
※iTunesから同期した音楽と動画、画像以外。
重要:暗号化設定した場合、設定したパスワードは絶対忘れないようにしてください。
★忘れるとiTunesパックアップを復元できなくなります
★暗号化バックアップは全てのバックアップが暗号化されます。
★パスワードを忘れた場合、
解除するには端末初期化&過去バックアップ削除しか方法がなくなります。

バックアップされるもの

iPhone単体でiCloudバックアップを行った場合

iCloudバックアップで保存されるもの。
・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
・デバイス設定
・App データ(対応アプリのみ)
・ホーム画面と App の配置情報
・iMessage、テキスト(SMS)、および MMS メッセージ
・着信音
・Visual Voicemail
※iCloudにすでに保存されている連絡先、カレンダー、
ブックマークなどのデータはバックアップに含まれません。
AppデータはiCloudに対応しているのが前提で、
設定のAppleID⇛iCloud⇛書類とデータに
表示されていないアプリのデータはバックアップされません

パソコンのiTunesにバックアップを行った場合

暗号化なしのiTunesバックアップで保存されるもの。
・カメラロールの写真と動画(同期した画像は除く)
・連絡先(よく使う連絡先を含む)
・カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー
・Safari ブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、および現在開いているページ
・マップのブックマーク、最近の検索、およびマップに表示されている現在位置
・メモ
・メールアカウント
・通話履歴
・メッセージ
・ボイスメモ
・ネットワーク設定
・App Store で購入した App のデータ
・App の設定、環境設定、書類などのデータ
・App 内で購入したもの
・壁紙
・ホーム画面の配置
・キーチェーン※同一端末に復元する場合のみ
(メールアカウント、Wi-Fiおよび Web サイトや一部の App に入力するパスワードなど)

・登録されているBluetoothデバイスの情報 ※同一端末に復元する場合のみ
・インストールされているプロファイル ※同一端末に復元する場合のみ

iTunesのバックアップで暗号化をオンにした場合

暗号化なしのiTunesバックアップでバックアップされるものに加えて
・ヘルスケアのデータ
・各アプリに登録しているユーザIDやパスワード
・LINEのトーク履歴

バックアップできる容量

iCloudバックアップ

無料だと5GBまで(月額130円で50GBに拡張可能)

iTunesバックアップ

パソコンに搭載されているディスク容量=上限値

Posted by まゆにゃあ